Top >  アロマセラピストについて >  アロマセラピストとボランティア

アロマセラピストとボランティア

アロマテラピストボランティアについての学びは、命の尊厳や、癒しとはどのようなものか、癒しをアロマセラピーでどのように活動していけるかなどについて考えていく基盤のひとつになります。

ボランティアというと、「奉仕」というふうに誤解されていますが、語源としては「有志」「自発的に申し出る」を意味する言葉です。ボランティア活動とは自ら進んで自発的・自主的に行なうもので、地域や団体に対して社会性や無償性を持って貢献することです。

また「好きなことを好きな時間だけ」というのが、ボランティアの基本です。

自分ができることを提供することは、相手のためだけでなく、自分のためにもなっていきます。「心から~をやりたい」と思っての行動ですので、そこには温かさがあり、癒しの精神が学べるはずです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.joho117.com/mt/mt-tb.cgi/537

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

アロマセラピストについて

関連エントリー

アロマセラピストとは アロマセラピストの現状 アロマセラピストの役割 アロマセラピストに求められる資質と能力 アロマセラピストとボランティア アロマセラピストの教育内容 アロマセラピストの資格について


カテゴリー