Top >  アロマセラピストについて >  アロマセラピストの役割

アロマセラピストの役割

アロマセラピストアロマセラピーの役割としては、一般的に、心身の健康や美容、環境衛生などの幅広い目的の担い手として期待されています。以下にアロマテラピーの領域をお伝えしますので、ご参考になさってください。

  • 補足的医療(コンプリメンタリーメディスン)
    アロマセラピストがクライアントの体調不良、不定愁訴の緩和、病気の予防、精神ケアのために精油を用いてケアをする。ホームケアも含めて指導していく。
  • 医療補助
    アロマテラピーを習得した看護婦が患者の不安、精神的苦痛の緩和、痛みの緩和、治癒の向上、院内衛生のために精油を用いる。
  • 美容
    主にアロマセラピーを習得したエステティシャンがスキンケアや肥満改善などの美容目的などに使用される。既にブレンドされた精油入りの化粧品を使用する場合もあるが、専門的に応用しているケースもあります。
  • スポーツ
    総合医療の中で、医療チームの一員としてボディケアを行なったり、鍼灸治療院内、また大会現場や選手がトレーニングを行なっている場所でのケアがあります。
  • 動物
    院内や犬舎・鳥かごの消臭殺菌、トリミング・グルーミング・シャンプーに精油を取り入れたり、ペットアロマテラピー教室の開催などペットの抱えるストレス緩和に役立てるために取り入れられています。
  • スパ
    最近はスパにおけるアロマセラピーのトリートメントも人気が出ています。スパセラピストと呼ばれていますが、アロマセラピストへの期待も広がっていくと思われます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.joho117.com/mt/mt-tb.cgi/539

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

アロマセラピストについて

関連エントリー

アロマセラピストとは アロマセラピストの現状 アロマセラピストの役割 アロマセラピストに求められる資質と能力 アロマセラピストとボランティア アロマセラピストの教育内容 アロマセラピストの資格について


カテゴリー