Top >  アロマセラピストについて >  アロマセラピストの現状

アロマセラピストの現状

アロマセラピストアロマセラピーの資格はいくつも存在します。

しかしアロマセラピーの資格は国家資格でなく、民間の資格になります。

よってアロマセラピーの資格があるからといって、就職に有利になるかといえば、そうでもありません。国家資格ではないため、治療行為とは認められず、アロマセラピーの資格がなくてもマッサージを行なっているというのが現状です。

現在アロマセラピーだけでビジネスを成り立たせている人は少ないです。

リフレクソロジーやエステなどに組み込まれてアロマセラピーを活用させることが大部分なのです。

アロマセラピースクールの講師や病院で就職という選択肢もあります。しかし現実はアロマセラピーの資格を活用できる就職先を探すのは難しいと言えるでしょう。

今後はますますストレス社会が進行すると思われます。そこでアロマセラピーの活躍の場も広がってくると思われます。

子供の教育の場や老人の介護の場などアロマセラピーを活用する場は広がってきます。

そうした情報・技術をいち早くキャッチしビジネスにつなげるためにも、アロマセラピースクールでの最先端の教育を学んでおく必要があるのではないでしょうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.joho117.com/mt/mt-tb.cgi/540

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

アロマセラピストについて

関連エントリー

アロマセラピストとは アロマセラピストの現状 アロマセラピストの役割 アロマセラピストに求められる資質と能力 アロマセラピストとボランティア アロマセラピストの教育内容 アロマセラピストの資格について


カテゴリー