Top >  アロマ精油について >  精油の希釈について

精油の希釈について

アロマ 精油エッセンシャルオイルは植物の有効成分を濃縮してつくられたものなので、原則として原液は使用しません。

マッサージなどの直接皮膚に触れる用途にはかならず薄めて使います。

この薄めることに使う材料を基剤といい、マッサージの基剤としては植物油を使います。

植物油に対するエッセンシャルオイルの割合は1~1.5%以内で薄めるのがよいとされています。

ただしこの濃度はあくまで目安であって、エッセンシャルオイルの種類や使用する方法によって多少異なります。

適正に薄めたものであっても、まれに皮膚アレルギーを起こすことがあるので、、アレルギーの有無を確認するために※パッチテストをすると安全です。

※パッチテストの方法としては、まず基剤に使う植物油のみを二の腕やももの内側など肌の柔らかい部分に少量塗布し4~6時間様子を見ます。異常がなければ次にエッセンシャルオイルを指定濃度で植物油に希釈したものを同様にテストします。万が一かゆみや発赤などがあった場合は中止し、大量の水分を取って成分を体外に排出するようにしてください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.joho117.com/mt/mt-tb.cgi/545

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

アロマ精油について

関連エントリー

精油の選び方 エッセンシャルオイルの働き 精油の希釈について エッセンシャルオイルの保存と使用期限 精油の使用上の注意 精油の選び方 精油の製造方法


カテゴリー