Top >  アロマセラピーについて >  マッサージのメカニズム

マッサージのメカニズム

アロマテラピーマッサージの目的には3つの方法があります。

①血液やリンパ液の循環を高める
②体の緊張を解いてリラックスさせる
③体に滞った水分や老廃物を取り去る

このような効果に加えて、アロママッサージはエッセンシャルオイルの効用が加わります。

植物油で希釈したエッセンシャルオイルはマッサージによって皮膚表面から、毛穴や汗腺、皮膚表面の角質層を構成する角質細胞、角質細胞の隙間などのルートを通って皮膚の深部である真皮へと浸透します。

エッセンシャルオイルは分子が比較的小さいため容易に細胞と細胞の間から深部へと浸透し、そして毛細血管やリンパ管に入り全身をめぐる循環に乗ります。

それと同時にマッサージという物理的刺激が浸透と循環を促進します。

このように体内に入ったエッセンシャルオイルは最終的に、腎臓からの尿、皮膚からの汗、肺からの呼気というルートで体外に排泄されます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.joho117.com/mt/mt-tb.cgi/547

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

アロマセラピーについて

関連エントリー

アロマテラピーを調べました アロマテラピー効果関連の情報収集 アロマテラピーの検索情報 アロマテラピーについての記事紹介 ご注意ください! アロマセラピーとは アロマセラピーの歴史 快い香りが脳に働きかけてストレス解消 ハーブの有効成分が細胞の老化を防ぐ 香りはこのようにして体に効きます 吸入のメカニズム マッサージのメカニズム


カテゴリー