Top >  アロマセラピーについて >  吸入のメカニズム

吸入のメカニズム

アロマ 吸入エッセンシャルオイルは揮発性なので、分子は空気中を漂い嗅上皮という部分に達します。

香りは嗅細胞で電気信号に変換されて嗅神経を経て大脳辺縁系へと伝達されます。

このメッセージは海馬という記憶を司る場所や脳下垂体へと伝達されます。

エッセンシャルオイルには抗菌作用もありますので、室内の空気浄化に利用できます。

アレルゲンやカビ・家ダニも除去してくれます。このようにエッセンシャルオイルは、様々な作用を心身に及ぼしながら、同時に環境にも働きかけていろいろな効果を発揮してくれます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.joho117.com/mt/mt-tb.cgi/548

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

アロマセラピーについて

関連エントリー

アロマテラピーを調べました アロマテラピー効果関連の情報収集 アロマテラピーの検索情報 アロマテラピーについての記事紹介 ご注意ください! アロマセラピーとは アロマセラピーの歴史 快い香りが脳に働きかけてストレス解消 ハーブの有効成分が細胞の老化を防ぐ 香りはこのようにして体に効きます 吸入のメカニズム マッサージのメカニズム


カテゴリー