Top >  アロマ活用方法 >  涼感を演出するアロマバスソルト

涼感を演出するアロマバスソルト

アロマバスソルト立秋も過ぎたというのに、暑い日々が続いています。
暑い季節は入浴よりもシャワーで済ませてしまう方が多いですが、
爽やかな香りを使うと入浴も心地良いものです。

ペパーミント精油を浴槽に入れると
(全身浴5滴以下・半身浴、部分浴3滴以下)、
ヒンヤリした感覚が漂い、お風呂から上がっても身体は温かいのですが、
涼しい清涼感が残ります。

暑い夏には最適ですが、
その他、塩や重曹などに精油を混ぜて、ハーブもブレンドすると、
見る楽しさが加わりオススメです。

また香りと感触だけでなく、
お湯に清涼感のある色を入れると、涼しい気持ちにもなれます。
ハーブティーをつくるように、ウスベニアオイを濃く浸透させて、
お風呂に入れると、鮮やかなブルーが涼しさを演出できます。
浸出時間が長いと色が変わりますので、
お好みに合わせて調節してみてください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.joho117.com/mt/mt-tb.cgi/555

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

アロマ活用方法

関連エントリー

足の臭い悩みにアロマ ペットとアロマテラピーについて アロマテラピーとホルモンバランス 芳香器購入のポイント 芳香浴を楽しむ:アロマテラピー 涼しさを感じることができるアロマボディパウダー 涼感を演出するアロマバスソルト 蒸し暑い夏。涼しさを感じることができる涼感アロマテラピー 熟睡に誘うアロマセラピー活用方法


カテゴリー