Top >  アロマテラピーの法律 >  あん摩マッサージ師、指圧師、はり師・きゅう師などに関する法律

あん摩マッサージ師、指圧師、はり師・きゅう師などに関する法律

あん摩マッサージ師、指圧師、はり師・きゅう師の法律は、通称「あはき法」と呼ばれており、「医師以外の者で、あん摩・マッサージ・もしくは指圧、はりまたはきゅうを業としようとする者は、それぞれ、あん摩マッサージ指圧師免許、はり師免許またはきゅう師免許を受けなければならない」と、免許のないものが医業類似行為を職業として行なってはいけないとしています。

多くのアロマトリートメントでは、精油をキャリアオイルで希釈したトリートメントオイルを身体に塗り、さする、押す、揉むなどしてリラックスしてもらうという行為が一般に行なわれています。

エステティックやカイロプラクティックなどでも同様です。これらの行為と「あはき法」上での医療類似行為は、明確に区分されていないのが現状です。

しかしはっきりしているのは、あん摩・マッサージ・指圧・鍼、灸などの医業類似行為は、その免許を受けたものだけが行なえるということです。

そのために、アロマテラピーサロンでは、マッサージという言葉は使っていません。

アロマトリートメントに関しては、昭和35年に出された最高裁判決が重要な指針になっています。

この判決では「職業選択の自由」を考慮して、人体に危害が加えられず、保険衛生上特に影響を与えないのであれば、マッサージやあん摩に似たこのような行為は、サービス行為として違法性がないとされました。

すなわち、アロマトリートメントは、人体に危険がないこと、健康を害する恐れがなく無害なことを十分に注意し、高い意識を持って行なうことが重要なのです。

j0402580.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.joho117.com/mt/mt-tb.cgi/559

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

アロマテラピーの法律

関連エントリー

管理人が思うこと 薬事法とは アロマテラピーの薬事法 アロマテラピーにおける薬事法 アロマテラピーにおける薬事法の注意事項 アロマテラピーの薬事法に関するQ&A 自己責任原則という考え方 製造物責任法とは アロマテラピーの製造物責任法Q&A 消防法 あん摩マッサージ師、指圧師、はり師・きゅう師などに関する法律 アロマテラピーと医師法 アロマテラピーと獣医師法


カテゴリー