Top >  アロマテラピーの法律 >  消防法

消防法

消防法とは

消防法は、火災を予防・警戒・鎮圧して生命・身体・財産を火災から保護するとともに、災害による被害を軽減し、安寧秩序を保持して社会公共の福祉を増進することを目的としています。

アロマテラピーにおける消防法

アロマテラピー 消防法アロマテラピーにおける消防法の規制対象となるものは、精油がメインになるでしょう。
アロマテラピーで使用する精油は引火しやすい揮発性物質です。

当たり前のことですが、普段から精油の保存や使用のときには火に注意する必要があります。
また販売業者や輸入業者として精油を大量に保管する場合はさらに注意が必要となります。

ただし、法律的には精油を何百キロ、何トンという量で保管しない限り、法的規制の対象となりません。指定数量(10,000リットル)を超過して保管する場合は、「危険物の規制に関する政令」によって規制を受けることがあるので、ご注意ください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.joho117.com/mt/mt-tb.cgi/560

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

アロマテラピーの法律

関連エントリー

管理人が思うこと 薬事法とは アロマテラピーの薬事法 アロマテラピーにおける薬事法 アロマテラピーにおける薬事法の注意事項 アロマテラピーの薬事法に関するQ&A 自己責任原則という考え方 製造物責任法とは アロマテラピーの製造物責任法Q&A 消防法 あん摩マッサージ師、指圧師、はり師・きゅう師などに関する法律 アロマテラピーと医師法 アロマテラピーと獣医師法


カテゴリー