Top >  アロマテラピーの法律 >  アロマテラピーにおける薬事法の注意事項

アロマテラピーにおける薬事法の注意事項

具体的にどんな広告が薬事法違反の対象となるのでしょうか?

薬事法の広告について

アロマテラピー 薬事法薬事法で定められている広告と見なされるものには

1. 容器、包装、添付文書等の表示物
2. チラシ、パンフレット等
3. テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、インターネット等による広告
4. 関連した小冊子や書籍等を一緒に取り扱う(同一売り場等)
5. 新聞,雑誌等の記事の切り抜き、書籍,学術論文等の抜粋
6. 代理店、販売店に教育用として配布される商品説明(関連)資料
7. 使用経験者の感謝文、体験談など
8. 店内及び車内等におけるつるし広告
9. 店頭、訪問先、説明会、相談会、キャッチセールス等においてスライド、ビデオ等又は口頭で行われる演術等

があります。

特に最近はアロマテラピーのブームにより、
アロマの効果をうたったホームページやチラシを多く見かけます。

しかし、私は法律の専門家ではありませんので、なんともいえませんが、
明らかに違反しているような広告を見かけることが良くあります。

広告の表現は大げさにすると、消費者の気をひきつけることは可能となりますが、
あまり大げさにすると違反になることがありますので、注意しましょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.joho117.com/mt/mt-tb.cgi/565

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

アロマテラピーの法律

関連エントリー

管理人が思うこと 薬事法とは アロマテラピーの薬事法 アロマテラピーにおける薬事法 アロマテラピーにおける薬事法の注意事項 アロマテラピーの薬事法に関するQ&A 自己責任原則という考え方 製造物責任法とは アロマテラピーの製造物責任法Q&A 消防法 あん摩マッサージ師、指圧師、はり師・きゅう師などに関する法律 アロマテラピーと医師法 アロマテラピーと獣医師法


カテゴリー